軽井沢便り:クラシック・ギタリスト斎藤明子のブログ「軽井沢便り」

軽井沢便り

田植え

2010.May.30
カテゴリー: 日々の出来事

20100609-100530_taue.jpg田植え, 不耕起田植えです。
うちの田んぼは不耕起なのです。だから、普通の田植えとちがって、一本植えるごとにスコップで穴をあけ、土が硬いところは少しほぐしてやってから植えていきます。
はじめて田んぼを作ったときは、しろかきをしました。その日まではそこにたくさんの動物も生きていたし、草も生えていました。当たり前のことですが、しろかきをした田んぼは、もう何も生きていなくて、何となく「死」の雰囲気が漂っている気がしました。
それで不耕起にしたのですが、自給のためにやるのだったら全く問題ありませんでした。
冷夏になるそうですが、頑張って育ってくれたらと思っています。

野外コンサート

2010.May.15
カテゴリー: 音楽について

今日は小諸の南城公園の芝生広場で、横山晴子さんのパーカッションを聴きました。北爪道夫の「SIDE BY SIDE」を、おひさまの下で芝生に転がりながら聴くなんて、とってもワクワクする体験でした!嬉しかったです。

お気に入りの泉

2010.May.08
カテゴリー: 日々の出来事

20100515-100508_yamatonumaebi1.JPGヤマトヌマエビ隣町にあるお気に入りの泉に出かけました。きれいな水とはまさにこのこと。生き物もたくさんいます。今日はヤマトヌマエビを初めてたくさんつかまえました。お店で観賞用に売っているものだとか。いよいよ春到来。やっとです。

軽井沢スタイル

2010.May.07
カテゴリー: お知らせ

メールマガジン「軽井沢スタイル」2010.5.7号にご紹介いただきました。

合気道佐久道場

2010.May.04
カテゴリー: 日々の出来事

今日は合気道佐久道場の演武会に出かけました。私はそちらの指導者の有賀要先生の大ファンなのです。今年の出場者の目標は「途中で気が途切れることのない演武」でした。そういう目で国内外の大勢の参加者の演武を見ていると、皆さん確かにずっと気を放っていらっしゃる。しかし、一つひとつの動作ごとに気の「色」というか「種類」が変わっていき、そのつなぎ目がはっきりとわかってしまうのです。ところが有賀先生の演武は他のどなたよりも動きがスピーディーで激しいにもかかわらず、一貫した強大な気が放たれ続けるのです。非常に美しく、感動的でした。音楽でも同じことだなあ、としっかりと学ばせていただきました。

モーツァルト クラリネットコンチェルト

2010.May.03
カテゴリー: 音楽について

20100507-100503_mozart clarinet concerto.jpgモーツァルト クラリネット協奏曲ホテルサイプレス軽井沢のラウンジコンサートで、モーツァルトのクラリネット協奏曲を演奏しました。晩年の作品ならではの磨き抜かれた美しさは格別です。オーケストラの部分をヴァイオリンとギター二人だけでどこまで表現しきれるかが大きな課題でしたが、できあがってみると結構いける!と自負しております。
音域の広いバセット・クラリネットを普段の演奏から使用している小平真司さん。その音がクラリネットだということすら感じさせないほどの、美しく躍動感のある演奏を披露し、会場はこれまでにない興奮状態!
挑戦したかいがありました。