軽井沢便り:クラシック・ギタリスト斎藤明子のブログ「軽井沢便り」

軽井沢便り

スペインの風

2013.Nov.28
カテゴリー: 音楽について

服部洋一&上原由記音ユニット「スペインの風」の旗揚げ公演を堪能してきました。

ピアノソロのソレールのファンダンゴ、目の前で延々とスリリングなアドリブが繰り広げられているよう。「クラシックの楽曲」という概念をくつがえされかっこよかった!

歌も、まるで目で見ているような錯覚すらおこるほど、音楽の存在だけがそこにあった、という感覚が続き、衝撃でした。

結局、スペイン音楽を聴いて、今日自分の中から出てきた言葉は「気高さ」でした。
そういう次元に自分も迫っていきたい、と強く思いました。

次に起こることはなに?

2013.Nov.27
カテゴリー: 音楽について

131127_labo.jpg今日はムージカ・エマセネポーの研究会でした。

最近の我々のテーマは、とかく一方的に情報を与えるだけになりがちなクラシック音楽の演奏を、どうしたらお客様にも能動的に楽しんでもらえるか、ということです。
そこでマリンバの横山晴子さんに、バッハのシャコンヌを色々なやり方で弾いてもらいました。

すると、奏者が今弾いた音や次の音を頭の中でたどっているとき、聞いていてもとてもその世界に入っていけませんでした。
逆に、奏者が、出した音から意識を切り離した途端、聞いている人もそこで一緒にその音を味わうことができました。

次に何が起こるのか、その場にいる誰も知らない!
そんなワクワク感はたまりませんでした!

名古屋文化

2013.Nov.26
カテゴリー: 日々の出来事

131126_komeda.jpg名古屋から帰省した息子が「コメダの楽しみ方を教えてやる」とのこと。
オープンしたての佐久平「喫茶所コメダ珈琲店」は満席の大賑わいでした。

何をたのんでもとってもビッグサイズ。
飲み物にはちゃんと豆がついてきた!
こんなに個性を全面にうちだしてしまうお店も最近めずらしいですね。
ちょっと昭和っぽい雰囲気がお年寄りも引き寄せるし、若い人も癒されるのか、オール世代が集まっていました。そこがまた、最近見かけない光景でもありました。

すべての世代が集まっていると、不思議と和んだ雰囲気になって、とてもいい感じでした。

新編成初あわせ

2013.Nov.25
カテゴリー: 音楽について

131125_daimonhall.jpg今日はピアノを加えた新編成でのムージカ・エマセネポー初のあわせ@長野でした。

バッハのイタリアンコンチェルトをクラリネットコンチェルト風にしようという試み。バックはフルート、マリンバ、ピアノ、ギターというとんでもない編成です!
一からみんなで少しずつ音を作り上げていく醍醐味を味わいつつ、おおいに楽しみました。

ピアソラはクラリネットとフルートに、ピアノ、ギター、カホンという編成で、新鮮です。
音楽ありきのメンバーではなく、メンバーありきの音楽、というところが、なんだかとてもワクワクします。

その後、善光寺の竹風堂2階で栗おこわをエンジョイしつつ、フルメンバーで行う演奏会の作戦を練りました。
そして3階へのぼり、大門ホールを下見しました。

演奏会への夢が膨らみます。

生け垣のクリスマス

2013.Nov.21
カテゴリー: 日々の出来事

131123_karasuuri.jpg佐久平に生活の拠点を移してから、1年間はお庭はそのままにして、なにがどこに生えてくるのか観察することにしました。
すると、冬はたくさんのカラスウリが黄色く色付き、こんなに楽しい生け垣になっちゃいました!
ひと足はやいクリスマスムードです。

ベルマーク

2013.Nov.19
カテゴリー: 日々の出来事

131119_bellmark.jpg今日は学校でベルマークの集計作業に精を出しました。
紙はまだ扱いやすいが、薄っぺらいビニールはどうにもめんどくさい!
くるくるまるまって、いちいち広げないと点数が読めない。
「大きなため息はだめよ!吹き飛んじゃう!」と、みんな小さなため息をつきつきがんばりました...

第一歩

2013.Nov.18
カテゴリー: 音楽について

今日は、なおやマンとしま:アイと、「人はなぜステージにのぼるのか」という壮大なテーマを巡って、壮大な計画を語り合いました。
実現に向けて第一歩を踏み出し、ドキドキします。

鹿教湯温泉

2013.Nov.12
カテゴリー: 日々の出来事

131112_kakeyu.jpg今日は地区の婦人部の秋の旅行で鹿教湯温泉にいきました。
急な冷え込みで、紅葉の向こうにうっすらと雪がかぶった山の景色が見れました。
それにしても、このあたりからだと、車で1時間も走れば、いろんなところに小旅行できてしまうのが嬉しいです。

リンゴ狩り&ホームコンサート@永井果樹園

2013.Nov.10
カテゴリー: 音楽について

131109_nagai-san.jpg今日は、オーナーになっているリンゴの木の収穫、からの、ホームコンサート@永井果樹園という一日でした。

永井寛彦さんはギタリストでもあるのです。
他のオーナーから「この美しいリンゴ畑で永井さんの音楽を聞きたい!」との要望。今日は天候が悪く、家の中でのコンサートとなりましたが、Wで大満足でした。

リンゴを通じて、永井さんの人としての大きさに触れてきた私は、いつか一緒に演奏することでその大きさの秘密に迫りたいと思っていました。今日は二重奏をやらせてもらい、それをかかえきれないほどキャッチできて大興奮!やっぱり凄い人だった!

もちろん、リンゴも大豊作でした!

祝賀コンサート

2013.Nov.09
カテゴリー: 音楽について

131109_osawasensei.jpg今日は大沢ギター研究所第65回記念ギター発表会&祝賀コンサートで演奏いたしました。
4才のとき、通っていた祐天寺幼稚園の園内にカルチャースクールができ、ピアノとバレエを見学にいったものの、すでに始まっていた英才教育の厳しい世界に、とてもついていけそうにない、と判断。
一方、大沢先生のギターの音色は今でもはっきりとイメージできるほどに心をひかれました。あたたかく、優しく、自然なあの音は私の原点だと思います。
今年で研究所でのご指導を勇退される先生。
たくさんの門下生が、自分がギターとともに過ごしてきた日々を振り返り、そこに大沢先生のあたたかい眼差しがいつも注がれていたことに深く感謝した会でした。

自給自足体験2日目

2013.Nov.09
カテゴリー: 軽井沢便り

131108_hatake.jpg自給自足体験2日目。

今日のメインの仕事はコンニャク作りでした。火をおこすところからはじめる。コンニャクを茹でながら、お昼の支度。米を昔ながらの機械で精米し羽釜で炊きました。どこからともなくサツマイモや高野豆腐が出てきて、お汁もできました。出来たての味噌田楽がオカズ。そのあとは黒豆をはたいてさやからだしました。途中あそびで、食用の種をとるためのカボチャをくりぬいて、ハロウィン気分。

1日はゆっくりと過ぎて行きます。

山崎さんの生き方は「自給自足の生活こそが素晴らしい!なるべくお金は使わない!」などというこだわりは一切ないのです。そこが大きな魅力。大切なのは、今自分が本当に何がしたいのか、という点しか見ないこと。欲しくてつくれないものは、お金を出して買うし、外食だってしたいときはする。
職業や生活スタイルを先にデザインして、そこに自分をあわせるやり方と、
まわりは見ずに自分のしたいことをやっているうちにいつのまにかスタイルが出来上がっていた、というやり方。
両者には大きな隔たりがあることを感じました。
土地を買いたい、と願う人には土地を売りたい、という人があらわれる。
どこかにいい土地ないかな、と願う人には、ただでもいいから土地を使ってもらいたい、という人があらわれる。
そんなふうに、自分のしたいこと、したくないことに敏感になるうちに、その人にしか開けない道が不思議と開いていくものなのだなあ、と思いました。

職業体験

2013.Nov.08
カテゴリー: 軽井沢便り

image.jpg今日は学校での職業体験授業に参加させてもらえなかった娘のために自ら企画した職業体験の日でした!
体験したのは「自給自足」という職業?!

お金を稼ぐ、というところから職業を考えるのではなく、どう生きたいか、から生活を考える山崎さんが先生です。

朝つくと、そこにはすでに4人も人がいる。従業員なんて存在しないのに、そこで働きたい人が自主的に自然と集まってくる。

今日は干し芋をつくることになり、大きな羽釜で芋を煮ます。まってるあいだに、干しリンゴをつくったり、米をひいて米粉をつくり、七輪でそれをおせんべに焼いてみたり、ヤギにえさをあげたり。芋が煮えたら切って並べて干します。

すべての作業がお金とは引き換えにしない作業。

普段の毎日が、お金を稼いでは使うことでまわっていると、お金にならない家事などに時間
を割くことが損な気分になります。でも、生活がまるごとお金から離れている場では、この、お金と取り替えないという行為がものすごく贅沢に感じられるのが不思議です。
「こんなにたくさん干し芋できちゃってどうする?」「うふふ!長い冬のお楽しみ!」といった会話。売ったらいくらかな?と考えるのは私だけ。

もちよりのお昼の食卓も買ったものは恐らく1割程度。
決まってることは何もなく、その時その時で臨機応変にやることを決めていく。そして色々なタイプの仕事があり、なにかしら自分のできることがある。

明日も続きます。